看護師転職〜年収などの求人条件について考える!

看護師転職時の仕事の形態

 

看護師の転職で意識する一つとして、仕事形態というものが
あります。

 

その形態としては正社員やパートなどがありますが、お給料を
考えると正社員をご選択される方が多いのではないでしょうか。

 

看護師の正社員ともなれば、一般企業と同じようにその職場の
正規の職員なわけですから、パートに比べればお給料は多く
いただけますし、その職場からの期待は大きくなり、出世も
しやすいでしょう。

 

しかし、看護師の転職から正社員になるということは、
それなりの業務を行わなければならないということです。

 

もちろん、正社員で働いていた職場から転職先の職場で
正社員を継続して働かれる方もいらっしゃれば、パートで
働いていたが転職先の職場から正社員で働くという希望を
お持ちの方もいらっしゃると思います。

 

特に病院では看護師の正社員は夜勤ということが前提となる
場合が多いように思います。

 

もちろん、正社員で夜勤をするというのは、地域や施設に
よって異なるかと思いますが、正社員で日勤のみの外来
という施設もあります。

 

このような場合は、子育てをしながら働かなくてはいけない
看護師を優先的に日勤のみの正社員として働く、もしくは
子どもが親離れをするまで日勤でその後は夜勤をする契約の
もとというものが存在します。

 

正社員で日勤のみ、しかも給料も良い?!

 

しかしながら、転職サイトなどをみてみると、正社員で
あったとしても夜勤をせず日勤のみ、かつ給料がよいと
いうところが見られます。

 

 

看護師の転職に関する正社員のポイントとしては、ご自分に
見合った生活を見越してお給料だったり、残務であったり、
福利厚生など、そのような施設の特徴をよくとらえて
みましょう。

 

転職をする前と後では、同じ正社員でも何が異なるのか、
あるいはどのようなメリットがあるのかという観点は
とても大切です。

 

正社員はそれなりの責任がありますが、その責任を負う
ということでご自分も成長できますし、看護師としても
成長できるでしょう。

 

正職員での転職をお考えの看護師は、同じ正社員でも異なる
ということを踏まえて、転職先をお探しになることを
おすすめします。